たまには本について
たまに本について。
ブックオフでマイクル・クライトンの本を見かけた。「タイム・ライン」
映画化された本だ。
マイクル・クライトンは面白い。
「アンドロメダ・病原体」『ジュラシック・パーク」「ロスト・ワールド」「失われた黄金都市(コンゴ)」
そのほか色々。ほとんどが映画化されて、どれも面白い。
DVDもいいけれど、原作を読んでみて下さい。
映画化された物と比較してみても、面白いと思います。

秋の夜長。
本を読むのでしたら、お勧めです。
是非、紙の本で。
電子書籍は否定しませんが、紙の本のよさをもう一度、確認してみて下さい。
スポンサーサイト
本屋が大好き。
本を選ぶのは、ほとんど直感。
”なんでこんな本を買ったんだ”とか”お金の無駄遣い!”と思ったことは何度も。
そんなときに”大当たり”が出たときの喜びといったらこの上ない幸福。
ちょっとしたギャンブル気分で選んでいる。
題名に惹かれたものもあるし、装丁が綺麗そんな理由で選んだ本もある。
大事に大事に残していたけれど、様々な理由で無くなってしまった。
それでも、本は直ぐに溜まってくる。

どの本も売りたくないし、捨てたくも無い。
近頃、買う本はほとんどブックオフ。
でも、街の本屋さんにも行く。
早く普通の本屋さんでも買えるようになりたい。

書評は読むのは好き。でも、あまり参考にしていない。
直感でえらんだ本が大当たりのときの快感が答えれない。

映画も同じ。期待しないで見に行った映画が面白かった時、それは、最高の喜び。
DVDもいいけど、やっぱり映画館に行こう。
ここ5年位、行ってないけど。
ちかごろ本を読んでいない。
ちかごろ本を読んでいない。
まず、第一に根気が続かない。
長編が読めない。
寝る前に本を読むのが、長年の習慣なのだが、二三ページを読んだだけで
飽きてしまう。
で、ついつい漫画に手が行ってしまう。
今年は、まだ、一冊しか長編が読めていない。

読んでいない本は5冊以上ある。
ブックオフで面白そうな本があると、とりあえず買っておく。
それも出来るだけ、108円になるまで待っている。
新刊も面白いものがあるのだが、なにせ値段が高い。
いずれ、ブックオフに並ぶまで待っておこうと考える。
安くなっても内容は変わらないから。

それに本とDVDに関しては、読んでなくても見てなくても持っているだけで
満足。うまく理由は説明できないが、満足満足。

徐々に読んでいこう。なにせ、夜は長いのだから。
日中は読まない。本を読むのは夜と決めている。
このごろ本が読める。
ちょっと前までは、長編小説を読めなかった。
若い頃は、月に三冊位は読めていたのに、
最近は、短編さえ冒頭であきらめていた。  

この前、ブックオフでちょっと前、はやった推理小説を
買ってきたら、久々に最後まで読めた。

歳のせいにして、ちょっと落ち込んでいたりもしたが、
微かな感動を覚えたしだいです。
今日は、前日までの疲れやら、仕事の気がかりなどで
なにもやる気がなかったので、今日はこんな文書に
なりました。
明日から、元気を出して話題を探したいと思います。
キングについて(3)
再びキング。
キングの作品の中でも、非ホラーと言われている「グリーン・マイル」
でも、僕はホラーだと思っている。

主題には関係ないかも知れないが、主人公が何年も死なない。
愛する者が先立っても、死ぬことができない。
死にたくても死ぬことができない。
ただ、悲しみを重ねていくだけ。
その中で、生きていく。
けっして悪行を行った訳でもないのに。
本当に恐ろしい事だと思う。

最後にキャリーはやはり前作がいいと思う。(映画版)
Copyright © おじさんの独り言. all rights reserved.